プレビューモード

ひき肉とチンゲンサイのチャーハン

 

野菜をたっぷり食べられる、タイ米のチャーハン。葉野菜は食感を残すため、先に炒めて取り出し、最後に加えます。ナンプラーを使い、仕上げにライムやミント、香菜を添え、エスニック風にしました。

材料(2人分)
豚ひき肉…100g
チンゲンサイ…2株(250300g
にんにく(みじん切り)小さじ1
しょうが(みじん切り)小さじ1
しょうゆ大さじ1
ナンプラー大さじ1
赤唐辛子(小口切り)適量
タイ米ご飯(温かいもの)茶碗2膳分(約300g
適量
こしょう少々
サラダ油適量
香菜・ミント・ライム各適宜

作り方
1 チンゲンサイは洗って水けをよくきり、56cm長さに切る。茎の太い部分はさらに縦半分に切り、葉と茎に分けておく。
2 フライパンにサラダ油適量を熱し、チンゲンサイを茎、葉の順に加えて強火で炒め、軽く塩をして一度取り出す。
3 同じフライパンにサラダ油を足し、にんにく、しょうがを入れて炒める。香りが出たらひき肉を加えて炒め、肉に火が通ってきたらしょうゆ、ナンプラー、赤唐辛子を加え、汁けがなくなるまで炒める。タイ米ご飯を加えて強火でほぐしながら炒め、全体がパラパラとしてきたら塩、こしょう各少々で味をととのえる。2のチンゲンサイを戻し入れ、軽く混ぜ合わせる。
4 器に盛り、好みで香菜、ミント、ライムを添える。

チンゲンサイはシャキシャキとした食感が楽しめるように大ぶりに切って最初に炒め、水分が出る前に取り出します。

戻し入れたら、軽く合わせるくらいで仕上げて。ここで火を入れすぎないように。

しょうゆとナンプラーのしっかりした味のそぼろが決め手。チンゲンサイを合わせながら食べます。そぼろは白いご飯にのせても。ご飯は日本米でも、野菜は小松菜を使ってもおいしいです。