プレビューモード

「寂しくても、楽しく。」 元気でいるためのささやかな習慣

第六回 肩甲骨を回す

写真=阿部 健 文=内田いつ子

仕事の途中や終わったあとに、肩がすっきり軽くなる

料理をしていると、どうしても前かがみの姿勢が多くなります。肩もこるので、ひどくならないように、ときどき体のメンテナンスを受けていますが、その先生に肩こりや猫背の解消法として「肩甲骨まわりの筋肉を自分で動かすこと」が大切だと教えてもらいました。同じ姿勢を続けたりして、肩甲骨を支える筋肉がかたまると、肩甲骨の動きが妨げられて、肩こりなどが起こるそうです。
教えてもらって以来、肩甲骨回しを続けています。時間や回数はとくに決めていなくて、仕事の途中や終わったあとなどにやるだけ。
やり方は両腕を広げて両方の肩甲骨を寄せるように、大きくゆっくり回します。ただ腕を回すのではなく、腰を反らさないように胸を開いて、肩甲骨が動いているのを意識しながら、腕の付け根から回すのが大切です。何度か回したら、そのまま両腕をグーッと上にのばすのも気持ちがいいです。皆さんもやってみてください。すっきりしますよ。肩甲骨の可動域が広くなって、腕の動きもスムーズになり、肩が軽くなるのを感じます。
年齢は姿勢に現れると思うので、いつもスッと姿勢よくいたいと思うのです。